秋を迎えて 早くも…

酷暑だった夏が過ぎ、爽やかな秋を迎えた昨今、京懐石料理の名店として380年の歴史を持つ『道楽』さんはお正月のおせち料理に取り組まれるという。

京懐石は色々と先人たちの知恵が凝縮されているそうで、その一つが五味五色五法とのこと。

五味とは、酸・苦・甘・辛・塩であり、五色とは、青・赤・黄・白・黒であり、五法とは、生・煮る・蒸す・焼く・揚げるであると。

この基本を盛り込みながら旬の食材を調理して盛り付けた品は、味・栄養のバランスも整い彩りも美しい料理になるという。

東洋医学は五行説を基盤にした医学であり、木・火・土・金・水と五つのカテゴリーに分けて、それぞれに因果関係があるとしている。

例えば、人体は肝・心・脾・肺・腎を五臓として、

木=肝=酸=青。 火=心=苦=赤。 土=脾=甘=黄。 金=肺=辛=白 水=腎=塩=黒としているのだ。

現代は栄養学で食べ物を捉えているが、先人たちは食養学で食べ物を捉えていることをおせち料理を通して知って欲しい思いがした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


ブログトップへ戻る

 

最近のコメント

カテゴリー

お問い合わせはこちらから
寺子屋おすすめの体づくりグッズ

寺子屋お産塾ロゴ

 

寺子屋お産塾事務局

〒605-0981
京都市東山区本町7丁目48
一橋アシラム内
TEL : 075-561-4238
FAX : 075-561-4238

 

一橋アシラム付近地図

↓