妊娠ライフ

胎児は奇跡の進化を遂げている

現代医療における産科システムには、東洋医学の知恵が全く生かされていないことは、とても残念なことです。

その英知には、誕生した赤ちゃんを数え年1歳としたことからも推察することができます。つまり、胎児の人格を認めていた証しであるからこそ、0歳とはしなかったのである。
更に、東洋医学は胎児を重視した証として、1,000年も以前に胎教専門クリニックを既に開設していたことからも、胎児に目を向けていた事実が窺がえるのである。

では、 東洋医学は胎教の方法として、具体的にどのような知恵を保持していたのでしょう。数々の方法の中で私が妊婦さんに直接指導している方法とその効果を実感された方々の生の声を紹介しましょう。

15

 

妊娠ライフ

  • 胎教の意義

      始まっている子育て
    妊娠ライフでの胎教、また先人達が伝えてくれた「寝る子は育つ」とはどのようなことでしょうか。

    「胎教の意義」へ

  • つわり

      ツボ療法は世界各国で試みられている
    「つわり」に対する仁丹・米粒を使ったツボ治療や、改善した実例などをご紹介します。

    「つわり」へ

  • 切迫流産

      おへそ(神闕というツボ)に温灸
    切迫流産を防ぐための三つの方法と、その実例などをご紹介します。

    「切迫流産」へ

  • 貧血

      お灸・梅醤番茶が効果的
    貧血に効果的なお灸の方法と、梅醤番茶の作り方をご紹介。

    「貧血」へ

  • 逆子

      無理のない応援
    逆子(骨盤位)の場合に行う鍼灸治療や考え方など。

    「逆子」へ

  • 下腹部の張り

      安産のためにも解消
    下腹部の張りと冷えについて。また、自分でできる指圧やお灸についてもご紹介します。

    「下腹部の張り」へ


「寺子屋お産塾の取り組み」へ戻る

 

お問い合わせはこちらから
寺子屋おすすめの体づくりグッズ

寺子屋お産塾ロゴ

 

寺子屋お産塾事務局

〒605-0981
京都市東山区本町7丁目48
一橋アシラム内
TEL : 075-561-4238
FAX : 075-561-4238

 

一橋アシラム付近地図

↓